言いたいこと我慢してませんか?

長崎は、

秋晴れの心地いい午後を迎えています。

みなさま、

いかがお過ごしでしょうか?

恋愛カウンセラー野田亜希子です。

 

北海道(しかも、北の方)に、

20才の頃に知り合った友人がいるのですが、

この時期になると、

季節の変わり目の違いに驚きます。

今から、

ゴールデンウェークあたりまで、

雪の話題ですから、

随分と生活が違います。

 

ところで、

あなたは、

日々の生活の中で、

自分の気持ちを伝えられる方ですか?

 

わがままや、

我慢などではなく、

してほしいこと、

してほしくないこと、

分かってほしいこと、

聞いてほしいこと…など、

伝えたい相手に伝えることができていますか?

 

カップルや夫婦の間で問題になることが多いのですが、

「私はいつも我慢しているのに、

彼が分かってくれない」

「私がこんなに思っているのに、

察してくれない」

というご相談が少なくありません。

 

彼が本当に

「我慢して」

と言うような人なら大問題!

 

ほとんどの場合、

そうではなく、

勝手に我慢して、

勝手にモヤモヤしているだけ…。

 

ストレートに言いたいことを言えないこと、

ありますよね。

「嫌われたくない」

という思いが大きい場合が多いですね。

 

「こんなこと言ったら、

どんな風に思われるだろう」

なんてことを考えて、

我慢して…

〝物分かりのいい彼女〟や、

〝物分かりのいい奥様〟

になっています。

 

それであなた自身がストレスを溜め込まなければいいのです。

が…

どうしても溜め込みすぎると、

〝爆発〟する時を迎えてしまうわけです。

 

爆発具合はそれぞれですが、

時折悲しい殺人事件に発展する時もあります。

「あの時言いたいことを言えて、

感情をしっかり出せていたら…」

と思わずにはいられません。

 

言いたいことを言う、

と言っても、

もちろん、

わがまま放題言っていいわけではありません。

 

状況や、

立場や、

相手の気持ちだってあります。

それを考えるから言えないって?

 

そうですね。

だからこそ、

普段から、

どのように伝えたら、

伝わりやすいか…

という〝伝え方〟があります。

 

〝伝え方の癖〟

と、

〝受け取り方の癖〟

というのがあるのですが、

それが、

『タイプ』によって違いがあります。

 

自分の癖を知っていたら、

伝えることに抵抗が少なくなります。

また、

パートナーの癖を知っていれば、

さらにスムーズ、

というわけです。

 

「何で私ばっかり我慢しなきゃいけないの!」

と、思ってしまうあなたは、

いつでも変われますよ♪

 

せっかくなら、

パートナーとの関係こそ、

良好に保っておきたいですよね~。

 

私は、

パートナーに我慢させてないか、

今一度反省しなきゃいけないかもしれません(笑)

 

それでは、

穏やかな休日の午後をお楽しみください♪