不公平なサポート?

「ブログ見てまーす!」

と声をかけられると、

毎回嬉しい、

恋愛カウンセラー野田亜希子です。

気にかけられると喜ぶ、

単純なタイプです。

 

自分の嬉しい状況や、

悲しい状況や、

腹が立つ状況というのは、

実は、

それぞれパターンがあります。

自分自身のことを知っておくと、

ゴキゲンに過ごすことができる要因になりますね。

 

あなたは、

自分が言われて嬉しい言葉を知っていますか?

「かわいいね」

「キレイだね」

「かっこいいね」

「センスいいね」

「さすがだね」

「やっぱり他とは違うね」

「ちゃんとしてるね」

などなど…。

しっくりくるものと、

そうでないものがあると思います。

それが、

それぞれ違うパターンだ、

ということです。

 

自分自身のことを知らないのに、

恋人や夫、妻に分かってもらおうと思うのは、

いかがでしょうね~。

 

「なんで私のこと分かってくれないのよ!」

と怒る前に、

少しずつ言葉で伝えることを実行しましょう。

 

さて、

そんなわけで、

それぞれ嬉しい言葉も、

腹が立つ言葉も違うわけです。

 

私のところに寄せられるお悩みで、

サポートしている側の方から多いのですが、

「一生懸命サポートしているのに、

うまくいかなくなると責められ、

サポートを続けられない、

という人が出てきています」

とのこと。

 

婚活しているご本人で、

なかなか思うように進まず、

〝婚活ウツ〟

なんて言葉も出ていますが、

今度は、

〝婚活サポートウツ〟

なんて人も出ていそうです。

 

みなさん、

真面目で一生懸命。

だからこそ、

落ち込んでしまうのでしょうね。

 

「同じようにサポートしているのに…」

と言われます。

実際、

同じように公平にサポートしようとすれば、

サポートする側と、

サポートされる側の

〝相性〟

が問題になります。

 

もちろん、

カウンセラーだって〝人〟ですので、

相性があるのは当然です。

相性のいい人だけサポートする、

なんてことができれば問題も少ないのかもしれませんね。

しかし、

そういうわけにはいきませんし、

いろんなタイプの人がいる、

ということをお伝えするのもサポートする人の立派な役目ですね。

 

「今の彼は、

私のことを全然分かってくれません!

前の彼は、

私の言いたいことも分かってくれてたのに…」

というお悩みもあります。

まず、

今の彼と、

前の彼は、

別の人である、

ということをしっかり理解できたらいいですね。

 

それから、

あなたの態度だけで、

理解してくれるタイプの人がいるかもしれないけれど、

伝えなければ伝わらないタイプの人が多いことも知っておきましょう。

 

ということを、

サポートする人は伝えられるといいですよね。

 

『結婚はゴールではない』

と、よく言われますね。

しかし、

ある意味、

『恋愛のゴール』

かもしれないと私は思います。

そこから、

今度は

『愛情』

を育んでいくことと思いますよ。

 

ドキドキワクワク!

あなたのことばかり考えて、

何も手につかない!

 

なーんていう期間は一生続きません。

そんなことでしたら、

心臓と脳が3年も持たないでしょうね…。

 

命短し、恋せよ乙女…

チーン。

 

いやいや!

そんなのダメよ!

「恋愛のドキドキワクワク」

と、

「愛情の安心感」

は、別物ですよ~。

脳から出ているホルモンが違うんですって!

 

え?

私は常に、

両方出てますよ~。

ステキな殿方を見つけては、

「キャー!ステキ~!キュンキュン♪」

と毎日騒いでいます。

結婚しても、

キュンキュンするのは自由ですからね(笑)

我が家では、

夫婦で、

本日のキュンキュンした人の話が日常会話です。

ステキな人にときめく気持ちは、

若さの秘訣ですから♪

 

さあ、

これからもいろんなタイプの人と、

コミュニケーションを楽しめるといいですね♪

あなたの経験は、

誰かのために、

きっと生かされますよ。

 

一生懸命恋愛する人も、

恋愛をサポートしている人も、

私は全力で応援します♪